ワーキングホリデーの場合

車内の留学生

ワーキングホリデーにかかる費用ですが、これはどの国に行くか、いつ行くか、語学学校に通うかといったことで大きく変わってきます。
基本的にワーキングホリデーにかかるものとしては、まずビザ申請料金があります。
これはどの国に行くかといったことに大きく左右されます。
例えばカナダの場合は1万5千円ほどですが、オーストラリアの場合は、3万5千円ほどかかります。
次に飛行機のチケット代があります。
これは当然渡航先が遠ければ余計に料金がかかりますし、渡航する時期によっても大きく変化することになります。
また忘れてならないものとして、海外留学保険があります。
国によっては、ビザを申請するための必要条件になっている国もあります。
ここで費用をケチらず、しっかりしたサポートのある保険を選びたいものです。
また現地での生活費も当然必要となってきます。
これも生活する場所が都会か田舎か、どのくらいの期間滞在するのかによって大きく異なってきます。
また、もし語学学校にも通う場合には、そのための学費も必要になってきます。

国選びで大きく変わる費用

学生ビザでの労働時間に制限が無い国として、オーストラリアが挙げられます。
さらに、オーストラリアは日本人観光客が多いため、日本食レストランや日本人向けのギフトショップなど、それほど英語が話せなくてもアルバイトできる場所が多いというメリットも持っています。
日本円にして1ヶ月で10万円~15万円ほどの収入が得られますので、大きな費用削減に繋がります。
学生ビザとワーホリビザの就労条件は全く同じではありませんが、学生ビザでも土日や祝日など時給がアップする日に働く、掛け持ちでアルバイトをするなど工夫をすると、ワーキングホリデーと同じくらいの収入を得ることも可能です。
年齢などの条件をクリアすることで、まずは留学して語学学校にしっかりと通い、次にワーホリビザで再度渡航し、より高度な英語力が求められる仕事をする人もいます。
高度な英語力が必要な仕事は賃金も高くなりますので、1年間の滞在でワーホリにかかった費用以上に収入を得て、結果としてプラスになって帰ってくるケースも少なくありません。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031